セルフケアの方法(超重要)

JUGEMテーマ:小顔作り

Lien整体院院長の野村です^ ^

今後、小顔・アンチエイジングに効果のあるセルフケアについて具体的に書いていきたいと思います(^^)

 

 

その前に、セルフケアをする上で絶対にやってはいけないことをお知らせしておきたいと思います(´・_・`)

 

 

「せっかく前向きな話が出てきそうだったのに、マイナスな要素の話をしてモチベーションを下げる気かぃ(⁎⁍̴̆Ɛ⁍̴̆⁎)」

 

 

とお感じになられたかもしれません(。-_-。)

 

 

でも、これを外してしまうと、せっかく良くしたいと思って始めたセルフケアが、逆効果になってしまう可能性があるんです.°(ಗдಗ。)°.

 

 

ですから、どうしても最初に抑えておいていただきたい超重要なことなのです(;´Д`A

 

 

最後までご覧くださいね٩( 'ω' )و

 

※このブログで扱うセルフケアは「筋肉」を整えることを目的にしています。お肌のケアではありませんので、ご注意ください。お肌のケアについては、お肌の専門家の方にお尋ねいただければ幸いです。

 

 

「揉む」のはNG!!

筋肉のケアをするというと、グリグリと揉むことを考えてしまう方が多いです^ ^

 

 

‥でもこれはNGです!( ´△`)

 

 

なぜかというと、揉むと肌やその下の筋肉の繊維を傷つけてしまい、炎症を引き起こす可能性があるからです。

 

 

傷ついた肌や筋肉は回復のために栄養素やエネルギーを使おうとします。前向きというより、マイナスをゼロに戻す作業になってしまいます‥( ´△`)

 

 

ですから、セルフケアをする時には「揉む」はNGと覚えておいてくださいね٩( 'ω' )و

 

 

「こする」もNG!!

肌はとても薄く敏感な組織です。一番表面の「表皮」と呼ばれる組織は0.2个曚匹噺世錣譴討い泙后

 

 

ですから筋肉をケアしようとして一生懸命「こする」という強い刺激が与えられるとすぐに傷ついてしまいます。

 

 

傷ついた肌はダメージを受けて、乾燥しやすくなってしまうようです。

 

 

そうなるとせっかくケアのためにこすったのに、やはり前向きというより、マイナス要素が強くなってしまいます( ´△`)

 

 

ですから、セルフケアをする時には「こする」もNGと覚えておいてくださいね٩( 'ω' )و

 

 

「じゃあどうすれば良い筋肉のセルフケアがらできるのさ(ㆀ˘・з・˘)」

 

 

そろそろ思われた頃だと思います(о´∀`о)

 

 

「押して離す」が正解!!

ではいよいよセルフケアするのに有効な方法のお話です٩( 'ω' )و

 

 

簡単に言うと「押して離す」です!

 

 

つまり狙いたい場所に指を当てたら、ほぐす方向に真っ直ぐ押して離すのです。

 

 

イメージとしては「指圧」です

d( ˆoˆ )b

 

 

こうすることで「揉む」「こする」のNGを避けながら、狙った筋肉をほぐし、整えていくことができます。

 

 

ただ、早く効果を上げたいと思って、とにかく強く押して離すを行うのもやめてくださいね^^;

 

 

揉む同様筋肉繊維を傷つけてしまう可能性があります^^;

 

 

押してみて「心地よい刺激」あるいは「少しチクっとする(脂肪やリンパの溜まったところは軽い痛みがあります)」

程度の感覚がちょうど良いと思います(^^)v

 

 

良いセルフケアの方法をマスターして、小顔・美肌・アンチエイジングを促進していきましょう٩( 'ω' )و

 

 

次回以降の具体的なセルフケア方法をお楽しみに♪

 

 

 

今回も長文にお付き合いいただきありがとうございました♪( ´▽`)

 

ホームページはこちら↓

◆〜Lien整体院〜◆

 

LINEからのご予約はこちら↓(LINE限定割引サービスあります♪)

友だち追加

 

オンラインご予約はこちら↓

◆〜Lien整体院オンライン予約〜◆

コメント