整体を受けたら逆に悪くなった‥どういうこと!?

2017.08.04 Friday

0

    JUGEMテーマ:整体

     

    Lien整体院院長の野村です^ ^ ここ数日身体がダルくて整体を受けたいです(笑)

     

    「整体を受けたら痛くなった!」

    「整体に行ったら今まで悪くなかったところが悪くなった!」

    「整体を受けたら筋肉痛みたいになってダルくなった!」

     

     

    などなど、整体に行ったのに逆に悪くなったという声を聞くことがあります。身体を良くしたいと思って整体に頼った方からすると「なんてこったい(´༎ຶོρ༎ຶོ`)」という気持ちですよね^^;

     

     

    その点について正しく理解していただきたいので、今回はそのテーマで整体師としての本音を含めて書きますね^ ^

     

     

    整体で身体が悪くなる理由

     

     

    整体を受けて身体が悪くなったと感じてしまうのは、大きく2つの理由があります。

     

     

    \安了佞量簑

    原因の一つとして考えられるのは、知識・技術・経験不足の整体師が施術したということです。

     

     

    ‥「おぃおぃ、プロなのにそんなことがあっていいのかぃ?!」とお感じになったと思います^^;  確かにおっしゃる通りです!‥でも整体の世界はそれが起こり得るのも現実なのです。そのような整体師のところに行ってしまうと逆に悪くなったということが起こり得ます‥まさに「なんてこったい(´༎ຶོρ༎ຶོ`)」です^^;

     

     

    では、どうしてそんなことが起こるのでしょうか??

     

     

    それは整体師の資格は国家資格等の統一された基準や規格がないので、誰でも簡単になれてしまうという現実があるからです。もしあなたが「明日から整体師になろう!」と思ったらなって大丈夫です(笑)そんな世界なんです^^;

     

    色んな理由がありますが、20年ほど前から、不景気になって会社を辞めざるを得なくなったり、会社でのお勤めに不安を感じたり、退職した後も何か仕事をしたいと思ったり‥様々な事情で独立開業を考えられた方々が増えたと思います。高齢化や健康ブームもありましたので比較的簡単に取得し開業できる整体にたくさんの人が流れてきました。

     

    そしてその流れに乗って「簡単に取得できる!」ということをウリ文句にした整体を教える商売も増えました。「一日3時間!たった2日で整体師として開業できる!」というような学校(?)もありました‥「大切な他人の身体を扱う整体にさすがにそれはないだろう(-_-;)」と思いましたけどね^^;

     

     

    それで、整体師といっても知識・技術・経験にかなりのバラつきがあります。

    何年も学校に通って、また個人的にもたくさんの勉強をしてしっかりとした技術や知識を身につけてきた素晴らしい整体師の方もたくさんいらっしゃいますが、残念ながら人の身体を扱うにはお粗末と言わざるを得ない知識や技術しか学ばずにプロの整体師として施術をしている方も少なくありません。そのような方から施術を受けると悪くなってしまうことがあります。

     

    それで、このような現実があるので良い整体師を選ぶようにご注意くださいね!‥「じゃあどうやったら良い整体師かどうか分かるの(-_-;)」と思われるかもしれませんね^^; 確かにその通りだと思います。良い整体師かとぅかをどうやって見極めやたらよいのかは別の記事で書きますね!

     

     

    好転反応の問題

    整体を受けて身体が悪くなったと感じるもう一つの原因は、好転反応と呼ばれるものです。

     

     

    「好転反応」の漢字から分かりますが、実は悪くなったのではなく、身体が良い状態に変わろうとする段階で痛みや身体が悪くなったように感じる反応が出ているのです。

     

     

    例えば、肩こりがひどいので整体を受けたとします。整体師の方は、肩周辺や首の筋肉をほぐし、肩甲骨や背骨や首の骨の調整を行って、症状を取り除くことや改善できるようにします。

     

    さて、整体を受けて肩が軽くなりスッキリした気はしますがちょっと気になります‥「なんだか頭が痛い‥」

     

    このような症状が出ると「整体を受けたら悪くなった!」とか「整体に行ったら別のところが痛くなった!」など、整体にマイナスのイメージを持ってしまいますよね(ㆀ˘・з・˘)

    「良くなりたい!」と思って整体に来られたので当然のお気持ちだと思います^^;

     

    ‥‥しかーし!そのように結論する前に、好転反応について理解してください!

    実はその痛み、身体が良くなっている証拠なのです。

     

    「え?どういうこと?!Σ(-᷅_-᷄๑)」

     

    整体に来る前、肩こりがひどくて肩甲骨のあたりがズキズキしたり、肩が痛んだり、身体がダルくて仕方なかったりしていたかもしれません。頭痛は感じていませんでした。

     

    さて、この時に身体にはどんなことが起きているのか考えてみてください。

     

    背中、肩甲骨、首の周辺の筋肉がひどく固まっています。また背骨や肩甲骨など骨も歪んでいます。固くなった筋肉や歪んだ骨は、神経や血管を圧迫します。その状態が続くのは身体にとって良くないので、身体は助けて欲しいと感じメッセージを出します。

     

    「助けて〜!ここ悪いんだよ〜!。゚(゚´Д`゚)゚。」

     

    これが肩こりの痛みの正体です。つまり身体は悪いところを、痛みという形で教えてくれていたのです。身体は痛みという形で正常に反応していたということです。

     

    その身体のメッセージにきちんと反応してあげて整体を受けました。

     

    整体師は肩こりの原因になる、筋肉をほぐし骨を調整し正常な状態に戻し神経を解放してあげました。そうすると身体は喜んで肩こりの痛みを出さなくなります。また筋肉が柔らかくなるので、力を取り戻し身体は軽くなります。

     

    でも身体は肩こりを抱えていただけではなかったのです。肩こりや生活習慣を長い間放置する間に、首や頭の周囲も悪くなっていました。でも肩こりがヒドいので痛みは肩に出ていました。

     

    整体を受けて肩が良くなったので、今度は首や頭の周囲が悪いことを教えようと痛みを出し始めたのです。

     

    「助けて〜!今度はここが悪いよ〜!。゚(゚´Д`゚)゚。」

     

    それで頭が痛いと感じるようになってしまいました。つまり「肩の次に悪いところはここだよ!」と神経が正常に働いて身体の不具合を教えてくれたということです。

     

    まさに身体が徐々に良くなっていることを教えてくれている過程「好転反応」です。

     

    このようなことは身体のあちこちで起こります。「腰が痛いので整体を受けたらヒザが痛くなった・神経痛が出た」とか「首が痛いから整体を受けたら肘の回りが痛くなった」など、色んなところに出ることがあります。

    ぜひ整体の一面としてこのようなことがあると頭の片隅に入れておいてくださいねぇ( ´ ▽ ` )v

     

     

    また、好転反応の別の視点ですが、固まった筋肉や歪んだ骨を一度の整体で短い時間で一気に戻すと良くはなりますが、身体はビックリします。また整体を受けると軽く運動したくらいの熱量消費量があると言われています。それらにたいする反応として、ダルくなったり筋肉痛のような痛みを感じたりすることがあり得ます。これも好転反応です^ ^

     

     

    まとめ

     

     

    いかがでしたか?

    「身体を良くしたいと思って整体に行ったのに逆に悪くなった!」と時々聞くことがあります。そんな体験をしたり生の声を聞いたりすると、「整体に行くのはやめた方がいい」などマイナスなイメージを持つかもしれません。

     

    でも、「痛くなったからダメ」と決めつけてしまう前にそれなりの理由を理解して、整体にも良い面がたくさんありますので、メリット・デメリットを知った上で良い整体を選んでいただければと思います。この記事がそのための助けになれば幸いです^ ^

     

     

    今回も長文にお付き合いいただきありがとうございました♪( ´▽`)

     

    ホームページはこちら↓

    ◆〜Lien整体院〜◆

     

    LINEからのご予約はこちら↓(LINE限定割引サービスあります♪)

    友だち追加

     

    オンラインご予約はこちら↓

    ◆〜Lien整体院オンライン予約〜◆